高橋朋代さん Webデザイナー

受託制作でHPを作ったり専門学校で講師をしたり。こういう事ができたらいいなというクライアントさんのモヤっとした所を、Webでどうすれば出来るか考えるのが得意。新刊「たった2日で楽しく身につくHTML/CSS入門教室」は漫画を多用しわかりやすく解説。学校の講師をしている方にも好評と語ります。今日のゲストはWebデザイナーの高橋朋代さんです。大学院を卒業し、就職氷河期に就職のため札幌へ。ところが仕事は人の役に立っている気がしなくつまらなかった。結局2年半で辞め、失業保険をもらいながらバイトして自分探しの日々。ある時「Webデザイナー」という職業を知り、子供の頃から絵を描くのが好きだったことを思い出す。「仕事って一生続くんだ…」。そこで職業訓練としてお金をもらいながらHP作成プログラムを学び始めたと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459217.html

第1270回 2017年02月22日

田村健一さん 北一ミート株式会社

業務用の肉の問屋として、ガランティーヌやパテなど主にフレンチの惣菜をレストランへ納めている。今年は新社屋を建て新しい熟成肉の工場を作る。大学と共同で「北海道熟成肉」を開発し、北海道に新しい食育文化をと力を込めます。今日のゲストは北一ミート株式会社専務取締役で、札幌西倫理法人会会長の田村健一さんです。八百屋をしながら女手一つで5人の子を育てた祖母。父はその苦労した姿を見て「八百屋じゃなくて肉にしよう!」と思ったらしい。赤い腹巻きが札束で重くなるほど儲かったので中央卸売市場で店を構えた。ところが肉は売れず困り果て、近くにあった参番館というラーメン屋に飛び込み「うちの肉を使って!」と直談判したと語ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459192.html

第1269回 2017年02月21日

井田芙美子さん いただきますカンパニー代表

菜の花やとうきび・じゃがいもなど旬の作物を収穫したり、作物が植えられてから食卓に上るまでのお話を聞きながら畑を歩き、畑のまん中で菜の花天丼や茹でたてとうきびを食べる。「いただきます」を心と身体で感じてほしい。今日のゲストはいただきますカンパニー代表の井田芙美子さんです。羊飼いになりたくて帯広畜産大学へ。在学中に子供のサマーキャンプを手伝うと楽しくて、卒業の頃には農業を伝える仕事がしたいと考えるように。学びを深めるため北海道ツーリズム大学へ。生き生きとかっこよく働く大人たちとたくさん出会えた事は大きかった。その後、観光にまつわる様々な仕事をしながら、自分らしい子育てのしかた、生き方、自分の強みを生かした働き方を考え、思い切って起業したと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459174.html

第1268回 2017年02月20日

池田 靖子さん 池田食品株式会社・浜塚製菓株式会社

豆菓子、かりんとう、たまごボーロ。北海道食材で、お客様が美味しいと幸せを感じてくれる商品を作りたい。海外には「わさび味」がダントツの人気と笑います。今日のゲストは池田食品株式会社・浜塚製菓株式会社 取締役副社長の池田靖子さんです。英語が好きで、将来は海外で仕事がしたいと思っていた。ところが、ちょっとバイトのつもりで家業を手伝うと社内のいろんなことが見えてきて入社。PB商品の営業をした時「品質を下げてでも、もっと安く」との提案を受け衝撃を受ける。そこで当時、売り上げの半分を占めていたPB商品を全て止めると決断。周りはびっくり!銀行も飛んできた。その後、社内改革を繰り返し、現在は社員の男女比も逆転。商品開発にも誰もが自由に参加し、フォローし合いながら働ける環境になったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459037.html

第1267回 2017年02月15日

小林正典さん 北海道アイススターホテル実行委員会

真っ白な雪原の中にたたずむ氷の建物で、滞在体験がかなう。氷のベッドに毛皮を敷いて極寒用のパワフルな寝袋にくるまれば、自然な暖かさに包まれる特別な夜がはじまる。別棟のアイスバーはスツールもテーブルも、グラスまでも氷で作られていると語ります。今日のゲストは北海道アイススターホテル実行委員会企画制作ディレクター、株式会社I-PRO ゼネラルマネージャー営業企画部部長、札幌特区映像撮影コーディネーターの小林正典さんです。将来何をやりたいかよくわからなかった大学時代。イベントスタッフとしてテレビ局でアルバイトをしていると「就職決まったか?」と局の方に声をかけられた。その時に紹介された人が今の社長。思えば、自分の意思より周りの手助けで、川の流れに身をまかせる感じで今日までやってきたと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459000.html

第1266回 2017年02月14日

高橋朋代さん Webデザイナー

受託制作でHPを作ったり専門学校で講師をしたり。こういう事ができたらいいなというクライアントさんのモヤっとした所を、Webでどうすれば出来るか考えるのが得意。新刊「たった2日で楽しく身につくHTML/CSS入門教室」は漫画を多用しわかりやすく解説。学校の講師をしている方にも好評と語ります。今日のゲストはWebデザイナーの高橋朋代さんです。大学院を卒業し、就職氷河期に就職のため札幌へ。ところが仕事は人の役に立っている気がしなくつまらなかった。結局2年半で辞め、失業保険をもらいながらバイトして自分探しの日々。ある時「Webデザイナー」という職業を知り、子供の頃から絵を描くのが好きだったことを思い出す。「仕事って一生続くんだ…」。そこで職業訓練としてお金をもらいながらHP作成プログラムを学び始めたと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459217.html

…続きを読む
第1270回
2017年02月22日

田村健一さん 北一ミート株式会社

業務用の肉の問屋として、ガランティーヌやパテなど主にフレンチの惣菜をレストランへ納めている。今年は新社屋を建て新しい熟成肉の工場を作る。大学と共同で「北海道熟成肉」を開発し、北海道に新しい食育文化をと力を込めます。今日のゲストは北一ミート株式会社専務取締役で、札幌西倫理法人会会長の田村健一さんです。八百屋をしながら女手一つで5人の子を育てた祖母。父はその苦労した姿を見て「八百屋じゃなくて肉にしよう!」と思ったらしい。赤い腹巻きが札束で重くなるほど儲かったので中央卸売市場で店を構えた。ところが肉は売れず困り果て、近くにあった参番館というラーメン屋に飛び込み「うちの肉を使って!」と直談判したと語ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459192.html

…続きを読む
第1269回
2017年02月21日

井田芙美子さん いただきますカンパニー代表

菜の花やとうきび・じゃがいもなど旬の作物を収穫したり、作物が植えられてから食卓に上るまでのお話を聞きながら畑を歩き、畑のまん中で菜の花天丼や茹でたてとうきびを食べる。「いただきます」を心と身体で感じてほしい。今日のゲストはいただきますカンパニー代表の井田芙美子さんです。羊飼いになりたくて帯広畜産大学へ。在学中に子供のサマーキャンプを手伝うと楽しくて、卒業の頃には農業を伝える仕事がしたいと考えるように。学びを深めるため北海道ツーリズム大学へ。生き生きとかっこよく働く大人たちとたくさん出会えた事は大きかった。その後、観光にまつわる様々な仕事をしながら、自分らしい子育てのしかた、生き方、自分の強みを生かした働き方を考え、思い切って起業したと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459174.html

…続きを読む
第1268回
2017年02月20日

池田 靖子さん 池田食品株式会社・浜塚製菓株式会社

豆菓子、かりんとう、たまごボーロ。北海道食材で、お客様が美味しいと幸せを感じてくれる商品を作りたい。海外には「わさび味」がダントツの人気と笑います。今日のゲストは池田食品株式会社・浜塚製菓株式会社 取締役副社長の池田靖子さんです。英語が好きで、将来は海外で仕事がしたいと思っていた。ところが、ちょっとバイトのつもりで家業を手伝うと社内のいろんなことが見えてきて入社。PB商品の営業をした時「品質を下げてでも、もっと安く」との提案を受け衝撃を受ける。そこで当時、売り上げの半分を占めていたPB商品を全て止めると決断。周りはびっくり!銀行も飛んできた。その後、社内改革を繰り返し、現在は社員の男女比も逆転。商品開発にも誰もが自由に参加し、フォローし合いながら働ける環境になったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459037.html

…続きを読む
第1267回
2017年02月15日

小林正典さん 北海道アイススターホテル実行委員会

真っ白な雪原の中にたたずむ氷の建物で、滞在体験がかなう。氷のベッドに毛皮を敷いて極寒用のパワフルな寝袋にくるまれば、自然な暖かさに包まれる特別な夜がはじまる。別棟のアイスバーはスツールもテーブルも、グラスまでも氷で作られていると語ります。今日のゲストは北海道アイススターホテル実行委員会企画制作ディレクター、株式会社I-PRO ゼネラルマネージャー営業企画部部長、札幌特区映像撮影コーディネーターの小林正典さんです。将来何をやりたいかよくわからなかった大学時代。イベントスタッフとしてテレビ局でアルバイトをしていると「就職決まったか?」と局の方に声をかけられた。その時に紹介された人が今の社長。思えば、自分の意思より周りの手助けで、川の流れに身をまかせる感じで今日までやってきたと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e459000.html

…続きを読む
第1266回
2017年02月14日
もっと見る

番組紹介・視聴方法

様々なフィールドで活躍する「札幌人」を招き、インタビューする対談番組。毎回、3つのキーワードをテーマに展開。ゲストの現在の活動、生い立ち、今後の展望などをインタビューします!

    【初回放送】

    毎週(月)~(水) 午前10:30~

    【再放送】

    毎週(木)・(金) 午前10:30~

    毎週(月)~(金) 午後6:30~/翌日午前7:30~

    ※月曜午前7:30は前週(水)の再放送

    【一挙放送】

    毎週(土日) 午前11:00~12:00

    【WEB配信】 放送終了一週間後、「札幌人図鑑」WEBサイトにて配信

    http://sapporojinzukan.sapolog.com/

J:COMチャンネルの視聴方法

カテゴリ一覧

もっと見る

インタビュアー紹介

福津京子

札幌で活躍する地域の人々を動画で1年365日毎日配信するWEBサイト「札幌人図鑑」を2012年6月に立ち上げる。企画・撮影・編集を1人でこなし、2015年3月に1000人達成。
様々な人を対象にした取材活動がライフワークで地域の商店街、経営者から自治体、著名人まで幅広い人脈を持つ。1001回目からは、「札幌人図鑑.TV」として“、ジェイコムチャンネル札幌”に舞台を移し、月~金毎日放送中。

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。