ai sayamaさん  イラストレーター

第122回のゲストは、イラストレーター ai sayamaさん。
現在、西調布一番街にアトリエを構え、西調布一番街つくるまちプロジェクトに参加しているsayamaさんは、もともと小さい頃が絵が好きで、手塚治虫さんの漫画をなぞって遊んでいたそう。しかし、美術大学には進まず、仕事も一般企業に就職。そこで、改めてイラストをやりたいと一念発起。ついに2017年にはイラストレーターとして独立を果たした。人生を決めたそのきっかけとは?そして、作品にかける思いとは?

第122回 2019年03月20日

田中和己さん 和雑貨「和季」代表

第121回のゲストは、和雑貨「和季」代表 田中和己さん。
1947年から調布で陶器店を開業し、三代目の田中さんが和雑貨の店としてリニューアルした和季。現在は店舗を持たず、イベントでの出店などを行っている。そんな田中さんがいま力を入れているのが手ぬぐい!調布ならではのデザインをあしらったものや、ラグビー国際大会をモチーフにしたデザインなど、話題を呼んでいる。なぜ今手ぬぐいなのか?その理由や熱い思いを伺いました。

第121回 2019年03月20日

清水健太郎さん シャフト株式会社 代表取締役

第120回のゲストは、シャフト株式会社 代表取締役の清水健太郎さん。
調布に拠点を置くシャフト株式会社は、世界に一つだけのオリジナルグッズの作成を行う会社で、中でも、自分で撮影した写真でジグソーパズルを作るサービスが人気を博している。もともと高校の教師をしていた清水さんが、どうして起業し、この事業を始めたのか?実際の商品を見せて頂きながら、そんな清水さんの熱い思いを伺いました。

第120回 2019年03月20日

長野康子さん 調布ミュージカルぷちぷち代表

第119回のゲストは、調布ミュージカルぷちぷち代表 長野康子さん。
調布市を拠点に活動するミュージカル劇団 ぷちぷちの代表を務める長野さん。実は、あの3年B組金八先生に出演していた女優さんだった。その後、タップダンスの道に進み、ついには、劇団四季に入団することに。そんな長野さんに、金八先生や劇団四季での思い出エピソードや、劇団ぷちぷちを作ったきっかけ、さらに、ミュージカルの魅力についてたっぷりうかがいました。

第119回 2019年02月27日

原島剛さん 調布市商工会 青年部 部長

第118回のゲストは、調布市商工会 青年部 部長 原島剛さん。
商工業者の経営支援や地域の活性化を図る商工会、その若手が集まる青年部は今年で35周年を迎える。活動の内容や、予定している周年事業とは? また、原島さんが店主をつとめるそば処「若松屋」さんは、知る人ぞ知るメガ盛りメニューの聖地とされ、いまでは、フードファイターが多く挑戦に訪れている。メガ盛りを始めたきっかけや、調布の町の未来について、あつい思いをうかがいました。

第118回 2019年02月27日

ai sayamaさん  イラストレーター

第122回のゲストは、イラストレーター ai sayamaさん。
現在、西調布一番街にアトリエを構え、西調布一番街つくるまちプロジェクトに参加しているsayamaさんは、もともと小さい頃が絵が好きで、手塚治虫さんの漫画をなぞって遊んでいたそう。しかし、美術大学には進まず、仕事も一般企業に就職。そこで、改めてイラストをやりたいと一念発起。ついに2017年にはイラストレーターとして独立を果たした。人生を決めたそのきっかけとは?そして、作品にかける思いとは?

…続きを読む
第122回
2019年03月20日

田中和己さん 和雑貨「和季」代表

第121回のゲストは、和雑貨「和季」代表 田中和己さん。
1947年から調布で陶器店を開業し、三代目の田中さんが和雑貨の店としてリニューアルした和季。現在は店舗を持たず、イベントでの出店などを行っている。そんな田中さんがいま力を入れているのが手ぬぐい!調布ならではのデザインをあしらったものや、ラグビー国際大会をモチーフにしたデザインなど、話題を呼んでいる。なぜ今手ぬぐいなのか?その理由や熱い思いを伺いました。

…続きを読む
第121回
2019年03月20日

清水健太郎さん シャフト株式会社 代表取締役

第120回のゲストは、シャフト株式会社 代表取締役の清水健太郎さん。
調布に拠点を置くシャフト株式会社は、世界に一つだけのオリジナルグッズの作成を行う会社で、中でも、自分で撮影した写真でジグソーパズルを作るサービスが人気を博している。もともと高校の教師をしていた清水さんが、どうして起業し、この事業を始めたのか?実際の商品を見せて頂きながら、そんな清水さんの熱い思いを伺いました。

…続きを読む
第120回
2019年03月20日

長野康子さん 調布ミュージカルぷちぷち代表

第119回のゲストは、調布ミュージカルぷちぷち代表 長野康子さん。
調布市を拠点に活動するミュージカル劇団 ぷちぷちの代表を務める長野さん。実は、あの3年B組金八先生に出演していた女優さんだった。その後、タップダンスの道に進み、ついには、劇団四季に入団することに。そんな長野さんに、金八先生や劇団四季での思い出エピソードや、劇団ぷちぷちを作ったきっかけ、さらに、ミュージカルの魅力についてたっぷりうかがいました。

…続きを読む
第119回
2019年02月27日

原島剛さん 調布市商工会 青年部 部長

第118回のゲストは、調布市商工会 青年部 部長 原島剛さん。
商工業者の経営支援や地域の活性化を図る商工会、その若手が集まる青年部は今年で35周年を迎える。活動の内容や、予定している周年事業とは? また、原島さんが店主をつとめるそば処「若松屋」さんは、知る人ぞ知るメガ盛りメニューの聖地とされ、いまでは、フードファイターが多く挑戦に訪れている。メガ盛りを始めたきっかけや、調布の町の未来について、あつい思いをうかがいました。

…続きを読む
第118回
2019年02月27日

番組紹介・視聴方法

調布人図鑑とは?

様々なフィールドで活躍する調布人を招き、インタビューする対談番組。
毎回3つのキーワードをテーマに、ゲストの現在の活動や生い立ち、今後の展望などをインタビューします。

    毎日 18:00~(リピート) ほか

J:COMチャンネルの視聴方法

インタビュアー紹介

金児憲史 俳優

大学在学中に、石原プロ主催の「1億人の心をつかむ男 新人発掘オーディション〜21世紀の石原裕次郎を探せ!〜」で、52005人の応募者の中から選ばれ石原プロ入り。調布市といえば「映画のまち」。石原裕次郎さんが主演の映画を数多く製作した日活撮影所など、今なお映画関連企業が集積しています。また、石原プロモーションは昭和38年1月に港区虎ノ門にて設立後、昭和48年5月に調布市染地に会社を移転。それから現在にいたるまで調布に事務所をかまえています。そんな裕次郎さんゆかりの地で石原プロの俳優・金児憲史が調布のみなさんの魅力を引き出します!

金児憲史

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。