矢幡秀治さん (株)真光書店 代表取締役社長

第85回のゲストは、 (株)真光書店 代表取締役社長の矢幡秀治さん。
調布駅北口と京王線相模原線堀之内駅前に店舗を構える真光書店の社長・矢幡さん。奥さんの実家が真光書店を経営しており、もともとサラリーマンだった矢幡さんは、義父の勧めもあり転職、一から書店の仕事を覚えるという大変な経験をする。しかし、人が好きという性格から、今ではお店をしっかりと引き継ぎ経営している。調布ならではの書店として、愛されるべく取り組んでいるお店づくりなどを伺いました。

第85回 2018年07月02日

谷中邦彦さん 電気通信大学TLO(株)キャンパスクリエイト

第84回のゲストは、電気通信大学TLO(株)キャンパスクリエイトの谷中邦彦さん。
TLOとは、Technology Licensing Organization(技術移転機関)の略称で、大学の研究者の研究成果を特許化し、それを民間企業等へ技術移転する法人であり、産と学の「仲介役」の役割を果たす組織。谷中さんの家はもともと酒屋さんで、電気通信大学に出入りしており、何とか、商店街と大学の関係を築きたいとキャンパスクリエイトに入社。地域のことを盛り上げようと試行錯誤を繰り返している谷中さんの思いに迫ります。

第84回 2018年07月02日

神田さち子さん 舞台女優

第83回のゲストは、舞台女優の神田さち子さん。
一人芝居「帰ってきたおばあさん」を22年間で193回も演じている神田さん。この舞台はある一人の中国残留婦人の半生を描いた壮大なストーリー。神田さんも旧満州で生まれ、残留孤児になりかけたという経験をもち、さらに、実際に中国残留婦人にあったことがきっかけで運命に導かれるように舞台をはじめたそう。自らの使命となったこの舞台にかける神田さんの思いを伺いました。

第83回 2018年07月02日

日比生信義さん 調布青年会議所シニアクラブ会長

第82回のゲストは、調布青年会議所シニアクラブ会長 日比生信義さん。
現在、地域活動で全17個の肩書を持つ日比生さん。勤めている林建設株式会社は、お世話になっている地域には積極的に貢献するという方針を掲げているため、ここまで数が増えてしまったという。もともとは日活に就職、その後ケーブルテレビ局に入り、地域活動を取材していくうちに、青年会議所に入会し、すっかりはまってしまった。2002年には青年会議所の理事長も務めた。地域貢献を始めたきっかけや、意外な趣味まで、活動的な日比生さんに迫ります。

第82回 2018年05月29日

武者小路知行さん 調布市武者小路実篤記念館 理事長

第81回のゲストは、調布市武者小路実篤記念館 理事長 武者小路知行さん。
雑誌「白樺」の創刊や小説、戯曲、人生論など数多くの著作を残した文豪・武者小路実篤。その孫にして、武者小路実篤記念館の理事長・武者小路知行さんは、小さいころ祖父と共に同じ敷地に暮らした経験を持つ。写真からうける印象と違い、やさしくユーモアのある人物だったと語る。実篤の創作風景や、性格、家庭での一面など、文豪の素顔に迫りまると共に、これからの若者たちに伝えていきたいこととは?

第81回 2018年05月29日

矢幡秀治さん (株)真光書店 代表取締役社長

第85回のゲストは、 (株)真光書店 代表取締役社長の矢幡秀治さん。
調布駅北口と京王線相模原線堀之内駅前に店舗を構える真光書店の社長・矢幡さん。奥さんの実家が真光書店を経営しており、もともとサラリーマンだった矢幡さんは、義父の勧めもあり転職、一から書店の仕事を覚えるという大変な経験をする。しかし、人が好きという性格から、今ではお店をしっかりと引き継ぎ経営している。調布ならではの書店として、愛されるべく取り組んでいるお店づくりなどを伺いました。

…続きを読む
第85回
2018年07月02日

谷中邦彦さん 電気通信大学TLO(株)キャンパスクリエイト

第84回のゲストは、電気通信大学TLO(株)キャンパスクリエイトの谷中邦彦さん。
TLOとは、Technology Licensing Organization(技術移転機関)の略称で、大学の研究者の研究成果を特許化し、それを民間企業等へ技術移転する法人であり、産と学の「仲介役」の役割を果たす組織。谷中さんの家はもともと酒屋さんで、電気通信大学に出入りしており、何とか、商店街と大学の関係を築きたいとキャンパスクリエイトに入社。地域のことを盛り上げようと試行錯誤を繰り返している谷中さんの思いに迫ります。

…続きを読む
第84回
2018年07月02日

神田さち子さん 舞台女優

第83回のゲストは、舞台女優の神田さち子さん。
一人芝居「帰ってきたおばあさん」を22年間で193回も演じている神田さん。この舞台はある一人の中国残留婦人の半生を描いた壮大なストーリー。神田さんも旧満州で生まれ、残留孤児になりかけたという経験をもち、さらに、実際に中国残留婦人にあったことがきっかけで運命に導かれるように舞台をはじめたそう。自らの使命となったこの舞台にかける神田さんの思いを伺いました。

…続きを読む
第83回
2018年07月02日

日比生信義さん 調布青年会議所シニアクラブ会長

第82回のゲストは、調布青年会議所シニアクラブ会長 日比生信義さん。
現在、地域活動で全17個の肩書を持つ日比生さん。勤めている林建設株式会社は、お世話になっている地域には積極的に貢献するという方針を掲げているため、ここまで数が増えてしまったという。もともとは日活に就職、その後ケーブルテレビ局に入り、地域活動を取材していくうちに、青年会議所に入会し、すっかりはまってしまった。2002年には青年会議所の理事長も務めた。地域貢献を始めたきっかけや、意外な趣味まで、活動的な日比生さんに迫ります。

…続きを読む
第82回
2018年05月29日

武者小路知行さん 調布市武者小路実篤記念館 理事長

第81回のゲストは、調布市武者小路実篤記念館 理事長 武者小路知行さん。
雑誌「白樺」の創刊や小説、戯曲、人生論など数多くの著作を残した文豪・武者小路実篤。その孫にして、武者小路実篤記念館の理事長・武者小路知行さんは、小さいころ祖父と共に同じ敷地に暮らした経験を持つ。写真からうける印象と違い、やさしくユーモアのある人物だったと語る。実篤の創作風景や、性格、家庭での一面など、文豪の素顔に迫りまると共に、これからの若者たちに伝えていきたいこととは?

…続きを読む
第81回
2018年05月29日

番組紹介・視聴方法

調布人図鑑とは?

様々なフィールドで活躍する調布人を招き、インタビューする対談番組。
毎回3つのキーワードをテーマに、ゲストの現在の活動や生い立ち、今後の展望などをインタビューします。

    毎日 18:00~(リピート) ほか

J:COMチャンネルの視聴方法

インタビュアー紹介

金児憲史 俳優

大学在学中に、石原プロ主催の「1億人の心をつかむ男 新人発掘オーディション〜21世紀の石原裕次郎を探せ!〜」で、52005人の応募者の中から選ばれ石原プロ入り。調布市といえば「映画のまち」。石原裕次郎さんが主演の映画を数多く製作した日活撮影所など、今なお映画関連企業が集積しています。また、石原プロモーションは昭和38年1月に港区虎ノ門にて設立後、昭和48年5月に調布市染地に会社を移転。それから現在にいたるまで調布に事務所をかまえています。そんな裕次郎さんゆかりの地で石原プロの俳優・金児憲史が調布のみなさんの魅力を引き出します!

金児憲史

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。