百瀬豊さん 劇団芸優座 俳優

第80回のゲストは、劇団芸優座の俳優 百瀬豊さん。
調布市に拠点をおき、「青少年に最高の演劇を!」をモットーに、小中高校生向けの芸術鑑賞などで全国をくまなく巡って公演を行っている芸優座。百瀬さんは、オーディションの際、芸優座の代表の想いにふれ入団を決意、今や劇団を代表する俳優になった。役者として、子供たちに伝えたい想いや、今後の夢について伺いました。

第80回 2018年05月18日

内野和彦さん 深大寺そば組合長

第79回のゲストは、深大寺そば組合長 内野和彦さん。
調布の名所の一つ深大寺は古くから湧水を使った蕎麦が名物となっており、近隣にはおよそ30件近い蕎麦屋さんが軒を連ねている。そんな蕎麦屋さんの多くが加盟している深大寺そば組合は、深大寺にお客さんを呼ぶため、そば祭りをはじめ四季折々のイベントを開催している。現在の組合長をつとめる内野さんは一休庵の三代目店主、蕎麦の味を追求すると共に、深大寺周辺地域の活性化を進める、その熱い想いに迫ります。

第79回 2018年05月18日

有原成夫さん 調布市自治会連合協議会 会長

第78回のゲストは、調布市自治会連合協議会 会長の有原成夫さん。
加入している人も多い各地域、町内ごとの“自治会”。調布市にはおよそ380の自治会があり、その半数が自治会連合協議会に加盟しており行政との協働や自治会同士の連携を深め様々活動を行っている。自治会は、日頃の地域行事の運営や環境整備などで地域の発展と絆を深めるとともに、災害時に助け合うといった大切な役割をはたしている。そんな地域の絆を作る自治会の大切さを有原さんに伺いました。

第78回 2018年05月18日

大槻智子さん 調布交通安全協会 会長

第77回のゲストは、調布交通安全協会 会長の大槻智子さん。
もともと調布市交通安全協会は、高度経済成長期に多摩川の砂利の運搬で多くのトラックが行きかい交通事故が多いことから設立された。また、「交通安全は家庭から」ということで婦人部が設立され、2年前には、ついに交通事故の死亡者がゼロを達成した。そんな交通安全に携わって約40年の大槻さん、ボランティアでおこなっている活動にかける想いや今後の夢について伺いました。

第77回 2018年04月27日

小川時雄さん 調布市民生児童委員協議会 会長

第76回のゲストは、調布市民生児童委員協議会 会長の小川時雄さん。
民生児童委員とは、地域の人々の困りごとを聞いて、自治体や関連機関に報告し解決しようというボランティア。常に地域に心をくばり、悩みを親身になって聞いていく献身的な仕事は、大変さは多いがやりがいを感じているそう。小川さんは消防団や体育指導委員などの地域活動を通じて、地域活動に携わり、地域に恩返しをしたいという想いから民生児童委員になった。地域の絆が薄れていく中、今後の活動についての夢を伺いました。

第76回 2018年04月27日

百瀬豊さん 劇団芸優座 俳優

第80回のゲストは、劇団芸優座の俳優 百瀬豊さん。
調布市に拠点をおき、「青少年に最高の演劇を!」をモットーに、小中高校生向けの芸術鑑賞などで全国をくまなく巡って公演を行っている芸優座。百瀬さんは、オーディションの際、芸優座の代表の想いにふれ入団を決意、今や劇団を代表する俳優になった。役者として、子供たちに伝えたい想いや、今後の夢について伺いました。

…続きを読む
第80回
2018年05月18日

内野和彦さん 深大寺そば組合長

第79回のゲストは、深大寺そば組合長 内野和彦さん。
調布の名所の一つ深大寺は古くから湧水を使った蕎麦が名物となっており、近隣にはおよそ30件近い蕎麦屋さんが軒を連ねている。そんな蕎麦屋さんの多くが加盟している深大寺そば組合は、深大寺にお客さんを呼ぶため、そば祭りをはじめ四季折々のイベントを開催している。現在の組合長をつとめる内野さんは一休庵の三代目店主、蕎麦の味を追求すると共に、深大寺周辺地域の活性化を進める、その熱い想いに迫ります。

…続きを読む
第79回
2018年05月18日

有原成夫さん 調布市自治会連合協議会 会長

第78回のゲストは、調布市自治会連合協議会 会長の有原成夫さん。
加入している人も多い各地域、町内ごとの“自治会”。調布市にはおよそ380の自治会があり、その半数が自治会連合協議会に加盟しており行政との協働や自治会同士の連携を深め様々活動を行っている。自治会は、日頃の地域行事の運営や環境整備などで地域の発展と絆を深めるとともに、災害時に助け合うといった大切な役割をはたしている。そんな地域の絆を作る自治会の大切さを有原さんに伺いました。

…続きを読む
第78回
2018年05月18日

大槻智子さん 調布交通安全協会 会長

第77回のゲストは、調布交通安全協会 会長の大槻智子さん。
もともと調布市交通安全協会は、高度経済成長期に多摩川の砂利の運搬で多くのトラックが行きかい交通事故が多いことから設立された。また、「交通安全は家庭から」ということで婦人部が設立され、2年前には、ついに交通事故の死亡者がゼロを達成した。そんな交通安全に携わって約40年の大槻さん、ボランティアでおこなっている活動にかける想いや今後の夢について伺いました。

…続きを読む
第77回
2018年04月27日

小川時雄さん 調布市民生児童委員協議会 会長

第76回のゲストは、調布市民生児童委員協議会 会長の小川時雄さん。
民生児童委員とは、地域の人々の困りごとを聞いて、自治体や関連機関に報告し解決しようというボランティア。常に地域に心をくばり、悩みを親身になって聞いていく献身的な仕事は、大変さは多いがやりがいを感じているそう。小川さんは消防団や体育指導委員などの地域活動を通じて、地域活動に携わり、地域に恩返しをしたいという想いから民生児童委員になった。地域の絆が薄れていく中、今後の活動についての夢を伺いました。

…続きを読む
第76回
2018年04月27日

番組紹介・視聴方法

調布人図鑑とは?

様々なフィールドで活躍する調布人を招き、インタビューする対談番組。
毎回3つのキーワードをテーマに、ゲストの現在の活動や生い立ち、今後の展望などをインタビューします。

    毎日 18:00~(リピート) ほか

J:COMチャンネルの視聴方法

インタビュアー紹介

金児憲史 俳優

大学在学中に、石原プロ主催の「1億人の心をつかむ男 新人発掘オーディション〜21世紀の石原裕次郎を探せ!〜」で、52005人の応募者の中から選ばれ石原プロ入り。調布市といえば「映画のまち」。石原裕次郎さんが主演の映画を数多く製作した日活撮影所など、今なお映画関連企業が集積しています。また、石原プロモーションは昭和38年1月に港区虎ノ門にて設立後、昭和48年5月に調布市染地に会社を移転。それから現在にいたるまで調布に事務所をかまえています。そんな裕次郎さんゆかりの地で石原プロの俳優・金児憲史が調布のみなさんの魅力を引き出します!

金児憲史

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。