佐藤誠さん 調布市早朝野球連盟 事務局

第75回のゲストは、調布市早朝野球連盟 事務局の佐藤誠さん。
昭和55年に設立され、間もなく40年を迎える調布市早朝野球連盟。野球がしたくても昼間は仕事などでできない人のために、大会は主に日曜日や祝日の朝6時から試合開始。健康や仲間同士の交流の場となっており、現在は13チームが加盟している。事務局の佐藤さんも、子供のころから調布で野球をプレイし、野球を通して様々な人たちと交流をしてきたという。また、映画のまち調布と同じぐらい、スポーツの街として調布を有名にしたいと、熱い想いを語って頂きました。

第75回 2018年04月17日

瀧澤秀介さん 長野県木島平村・東京都調布市姉妹都市交流推進員

第74回のゲストは、長野県木島平村・東京都調布市姉妹都市交流推進員の瀧澤秀介さん。
長野県の北東部に位置する人口約4500人の木島平村は、昭和60年に調布市と姉妹都市盟約を結び、交流を深めてきました。そんな木島平村の交流を進める推進員として調布市に赴任して2年が経つ瀧澤さんに、木島平村の観光スポットやグルメ、調布市民にとっての得する情報などを伺いました。また、調布駅前にある木島平村のアンテナショップ「新鮮屋」の桑原店長を迎え、木島平産のおいしい食材をご紹介頂きました。

第74回 2018年04月05日

沖山惠美子さん 調布市民歌舞伎 代表

第73回のゲストは、調布市民歌舞伎の代表・沖山惠美子さん。
調布市民歌舞伎は、調布市文化・コミュニティ財団で開講された歌舞伎教室の受講生が中心となった団体で、小学生から70代まで男女、幅広い世代の市民が在籍。今年で22年目を迎えます。当初、せっかくなら本格的にやりたいと、沖山さんが交渉し、本物の歌舞伎役者・中村梅花(四代目)を講師に招き、本物のかつらや衣装、道具をそろえてはじめ、今では、多くのファンを持つ立派な歌舞伎ができるようなりました。3月18日の本番に向け、今の状況やみどころなどを伺いました。

第73回 2018年03月14日

大塚一郎さん 東京オリンピック聖火ランナー

第72回のゲストは、1964年東京オリンピックで聖火ランナーをつとめたの大塚一郎さん。
1964年東京オリンピックで、調布市の3区間のうちの一つ、府中境から電通大までの区間の聖火ランナーを担当した大塚さん。練習は1年前からはじまり、腕も90度に保ち姿勢も厳しく決められていたそうです。小雨の降る中、様々な想いを胸に走ったという大塚さんに、当時の思い出と、2020年の東京オリンピックに馳せる想いを伺いました。さらに、当時の聖火や写真、ユニフォームなど貴重な品も披露頂きました。

第72回 2018年03月06日

渡邊弘樹さん 株式会社ウィード(182ch) 代表取締役 

第71回のゲストは、株式会社ウィード(182ch) 代表取締役 の渡邊弘樹さん。
調布の飲食店や美容室などのクーポンが掲載されているフリーペーパー「182ch」を発行している渡邊さん。発行を始めた当初は、刷れば刷るほど赤字となっていたが、地元の先輩の助けもあって、今や315ヶ所に設置され、数万部を発行している。現在はアプリへ移行期間中、情報量もサービスももっと充実させていこうと進めているそう。そんな渡邊さんが抱いている調布愛について伺いました。

第71回 2018年03月05日

佐藤誠さん 調布市早朝野球連盟 事務局

第75回のゲストは、調布市早朝野球連盟 事務局の佐藤誠さん。
昭和55年に設立され、間もなく40年を迎える調布市早朝野球連盟。野球がしたくても昼間は仕事などでできない人のために、大会は主に日曜日や祝日の朝6時から試合開始。健康や仲間同士の交流の場となっており、現在は13チームが加盟している。事務局の佐藤さんも、子供のころから調布で野球をプレイし、野球を通して様々な人たちと交流をしてきたという。また、映画のまち調布と同じぐらい、スポーツの街として調布を有名にしたいと、熱い想いを語って頂きました。

…続きを読む
第75回
2018年04月17日

瀧澤秀介さん 長野県木島平村・東京都調布市姉妹都市交流推進員

第74回のゲストは、長野県木島平村・東京都調布市姉妹都市交流推進員の瀧澤秀介さん。
長野県の北東部に位置する人口約4500人の木島平村は、昭和60年に調布市と姉妹都市盟約を結び、交流を深めてきました。そんな木島平村の交流を進める推進員として調布市に赴任して2年が経つ瀧澤さんに、木島平村の観光スポットやグルメ、調布市民にとっての得する情報などを伺いました。また、調布駅前にある木島平村のアンテナショップ「新鮮屋」の桑原店長を迎え、木島平産のおいしい食材をご紹介頂きました。

…続きを読む
第74回
2018年04月05日

沖山惠美子さん 調布市民歌舞伎 代表

第73回のゲストは、調布市民歌舞伎の代表・沖山惠美子さん。
調布市民歌舞伎は、調布市文化・コミュニティ財団で開講された歌舞伎教室の受講生が中心となった団体で、小学生から70代まで男女、幅広い世代の市民が在籍。今年で22年目を迎えます。当初、せっかくなら本格的にやりたいと、沖山さんが交渉し、本物の歌舞伎役者・中村梅花(四代目)を講師に招き、本物のかつらや衣装、道具をそろえてはじめ、今では、多くのファンを持つ立派な歌舞伎ができるようなりました。3月18日の本番に向け、今の状況やみどころなどを伺いました。

…続きを読む
第73回
2018年03月14日

大塚一郎さん 東京オリンピック聖火ランナー

第72回のゲストは、1964年東京オリンピックで聖火ランナーをつとめたの大塚一郎さん。
1964年東京オリンピックで、調布市の3区間のうちの一つ、府中境から電通大までの区間の聖火ランナーを担当した大塚さん。練習は1年前からはじまり、腕も90度に保ち姿勢も厳しく決められていたそうです。小雨の降る中、様々な想いを胸に走ったという大塚さんに、当時の思い出と、2020年の東京オリンピックに馳せる想いを伺いました。さらに、当時の聖火や写真、ユニフォームなど貴重な品も披露頂きました。

…続きを読む
第72回
2018年03月06日

渡邊弘樹さん 株式会社ウィード(182ch) 代表取締役 

第71回のゲストは、株式会社ウィード(182ch) 代表取締役 の渡邊弘樹さん。
調布の飲食店や美容室などのクーポンが掲載されているフリーペーパー「182ch」を発行している渡邊さん。発行を始めた当初は、刷れば刷るほど赤字となっていたが、地元の先輩の助けもあって、今や315ヶ所に設置され、数万部を発行している。現在はアプリへ移行期間中、情報量もサービスももっと充実させていこうと進めているそう。そんな渡邊さんが抱いている調布愛について伺いました。

…続きを読む
第71回
2018年03月05日

番組紹介・視聴方法

調布人図鑑とは?

様々なフィールドで活躍する調布人を招き、インタビューする対談番組。
毎回3つのキーワードをテーマに、ゲストの現在の活動や生い立ち、今後の展望などをインタビューします。

    毎日 18:00~(リピート) ほか

J:COMチャンネルの視聴方法

インタビュアー紹介

金児憲史 俳優

大学在学中に、石原プロ主催の「1億人の心をつかむ男 新人発掘オーディション〜21世紀の石原裕次郎を探せ!〜」で、52005人の応募者の中から選ばれ石原プロ入り。調布市といえば「映画のまち」。石原裕次郎さんが主演の映画を数多く製作した日活撮影所など、今なお映画関連企業が集積しています。また、石原プロモーションは昭和38年1月に港区虎ノ門にて設立後、昭和48年5月に調布市染地に会社を移転。それから現在にいたるまで調布に事務所をかまえています。そんな裕次郎さんゆかりの地で石原プロの俳優・金児憲史が調布のみなさんの魅力を引き出します!

金児憲史

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。