大竹 昇さん 龍ケ崎市商工会議所 事務局長

龍ケ崎市職員だった平成12年。龍ケ崎市中心市街地活性化事業の一環として空き店舗を漫画図書館「まいん」を開設。そこで提供する軽食としてコロッケ「龍ケ崎まいんコロッケ」を発案しました。黒豆コロッケから始まり、現在のレパートリーは10種類以上。平成26年のご当地めし決定戦ではグランプリに輝きました。以来、関東鉄道龍ヶ崎線にコロッケトレインを走らせたり、コロッケフェスティバルを開催したりと、コロッケで町おこし活動をしています。
そんなコロッケ愛溢れるお話をたっぷり伺いました。

第94回 2019年12月11日

山口 悠起子さん 茨城アストロプラネッツ ダンスパフォーマンスディレクター

幼いころからダンスに魅了されていた山口さん。大学卒業後、アメリカにダンス留学し、ダンス表現を学びました。帰国後は高校の体育の教師を経て、ダンスパフォーマンスチーム「ヴェガス」のパフォーマンスディレクターとして活動。茨城アストロプラネッツのダンスチームや地域のイベントなどでクリエイティビティーを発揮しています。
❝魅せる❞ダンスを目指しているという、その姿勢、視点、思いを伺いました。

第93回 2019年12月11日

柳生剛さん 小松屋食品株式会社代表取締役

創業103年の佃煮とうなぎの専門店「小松屋」を運営する小松屋株式会社代表取締役として2019年6月に就任した柳生剛さんをゲストにお招きしました。
霞ヶ浦のワカサギやエビ、うなぎなどを手間隙かけて、繊細に仕上げた佃煮、蒲焼などを製造、販売している、土浦駅前の「小松屋」。土浦市のふるさと納税返礼品にも選ばれています。農林漁業といった一次産業と、製造業などの二次産業、そして小売業などの三次産業が一つになる「六次産業化」の振興に合わせ、現在、OEM(Original Equipment Manufacturer):相手先(委託者)ブランド製造、(委託者)商標による受託製造もおこなっており、地域の生産者と一緒に茨城の食文化に貢献しています。
また、月に400キロは走るというランナーでもある柳生さん。マラソンのお話なども伺いました。

第92回 2019年12月10日

根本 洋治さん 牛久市長

PTAの会長、消防団の副団長など、様々な地域活動に携わってきた根本洋治さん。牛久市議会議員を12年勤め、2015年に牛久市長に就任し、2期目を迎えています。
オノ・ヨーコの「ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ」を座右の銘に、市民、議員、職員の意見を聞きながら地域性を見据えた市政運営に努めています。
野球青年だった根本市長。現在はアマチュア野球審判員(S級)として活動もされています。そんな人間味溢れるお話から牛久市の未来まで、幅広くお話していただきました。

第91回 2019年12月10日

五十嵐 純子さん SHJ(スマイリングホスピタルジャパン)茨城コーディネーター

難病や障がいと闘う子どもたちにわくわくする時間を届ける、そんな思いを込めて設立されたSHJ(スマイリングホスピタルジャパン)の茨城コーディネーターを務める五十嵐純子さんをゲストにお招きしました。笑いは一番の薬。子どもたちが楽しいと感じることで、様々な活力が引き出され、病と向き合うことで治癒力が高まると考え、活動されています。五十嵐さんにはSHJとの出会いから現在の活動までを伺いました。

第90回 2019年12月10日

大竹 昇さん 龍ケ崎市商工会議所 事務局長

龍ケ崎市職員だった平成12年。龍ケ崎市中心市街地活性化事業の一環として空き店舗を漫画図書館「まいん」を開設。そこで提供する軽食としてコロッケ「龍ケ崎まいんコロッケ」を発案しました。黒豆コロッケから始まり、現在のレパートリーは10種類以上。平成26年のご当地めし決定戦ではグランプリに輝きました。以来、関東鉄道龍ヶ崎線にコロッケトレインを走らせたり、コロッケフェスティバルを開催したりと、コロッケで町おこし活動をしています。
そんなコロッケ愛溢れるお話をたっぷり伺いました。

…続きを読む
第94回
2019年12月11日

山口 悠起子さん 茨城アストロプラネッツ ダンスパフォーマンスディレクター

幼いころからダンスに魅了されていた山口さん。大学卒業後、アメリカにダンス留学し、ダンス表現を学びました。帰国後は高校の体育の教師を経て、ダンスパフォーマンスチーム「ヴェガス」のパフォーマンスディレクターとして活動。茨城アストロプラネッツのダンスチームや地域のイベントなどでクリエイティビティーを発揮しています。
❝魅せる❞ダンスを目指しているという、その姿勢、視点、思いを伺いました。

…続きを読む
第93回
2019年12月11日

柳生剛さん 小松屋食品株式会社代表取締役

創業103年の佃煮とうなぎの専門店「小松屋」を運営する小松屋株式会社代表取締役として2019年6月に就任した柳生剛さんをゲストにお招きしました。
霞ヶ浦のワカサギやエビ、うなぎなどを手間隙かけて、繊細に仕上げた佃煮、蒲焼などを製造、販売している、土浦駅前の「小松屋」。土浦市のふるさと納税返礼品にも選ばれています。農林漁業といった一次産業と、製造業などの二次産業、そして小売業などの三次産業が一つになる「六次産業化」の振興に合わせ、現在、OEM(Original Equipment Manufacturer):相手先(委託者)ブランド製造、(委託者)商標による受託製造もおこなっており、地域の生産者と一緒に茨城の食文化に貢献しています。
また、月に400キロは走るというランナーでもある柳生さん。マラソンのお話なども伺いました。

…続きを読む
第92回
2019年12月10日

根本 洋治さん 牛久市長

PTAの会長、消防団の副団長など、様々な地域活動に携わってきた根本洋治さん。牛久市議会議員を12年勤め、2015年に牛久市長に就任し、2期目を迎えています。
オノ・ヨーコの「ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ」を座右の銘に、市民、議員、職員の意見を聞きながら地域性を見据えた市政運営に努めています。
野球青年だった根本市長。現在はアマチュア野球審判員(S級)として活動もされています。そんな人間味溢れるお話から牛久市の未来まで、幅広くお話していただきました。

…続きを読む
第91回
2019年12月10日

五十嵐 純子さん SHJ(スマイリングホスピタルジャパン)茨城コーディネーター

難病や障がいと闘う子どもたちにわくわくする時間を届ける、そんな思いを込めて設立されたSHJ(スマイリングホスピタルジャパン)の茨城コーディネーターを務める五十嵐純子さんをゲストにお招きしました。笑いは一番の薬。子どもたちが楽しいと感じることで、様々な活力が引き出され、病と向き合うことで治癒力が高まると考え、活動されています。五十嵐さんにはSHJとの出会いから現在の活動までを伺いました。

…続きを読む
第90回
2019年12月10日
もっと見る

番組紹介・視聴方法

いばらき人図鑑とは?

ジモト「いばらき」の様々なフィールドで活躍する方を招き、インタビューする対談番組。
毎回3つのキーワードをテーマに、ゲストの現在の活動や生い立ち、今後の展望などをインタビューします。

    毎週月曜日更新: 後9:30~(月~日) ほか

J:COMチャンネルの視聴方法

カテゴリ一覧

もっと見る

インタビュアー紹介

赤プル 芸人

茨城県出身。いばらき大使、常総市ふるさと大使。太田プロ所属。

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。