橘家富蔵さん 落語家 

怪我をして野球部を辞めた大学1年の時、落語研究会ができることになり面白そうだと入ったのがきっかけ。思えば子供の頃から、台本書いてコントをやるほど笑いが好きだった。大学2年の頃には、これで一生飯が食えたらと考えるように。学生時代は何となく落語より小話ばかり覚えた。案の定、入門した時に師匠から言われたのは「覚えたものは全部捨てろ」。素人で覚えたものは全部アカだったと笑います。今日のゲストは落語家の橘家富蔵さんです。噺家の鬼門は54歳といわれる。この歳で亡くなった名人が多いため。だから自分も53歳の時、1年かけて全身調べたが悪いところはなく、心が解き放たれた感じ。現在62歳。力を入れすぎず自分が高座を楽しんでいる。新作が出来たらカミさんにモニターをしてもらうのが恒例。いまが一番楽しいと語ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472225.html

第1495回 2018年08月29日

高後圭児さん (有)コーショウメディカルサービス 代表取締役社長

出産は女性の一大イベント。まわりに気を使わず個室でゆったり過ごしてほしい。唯一の楽しみは食事なので、料理人が作った美味しいものを。これから子育てを頑張れるように、退院前夜はフレンチをフルコースで。実はこれ、自分の母が自らのお産経験から考えたスタイルだと語ります。今日のゲストは(有)コーショウメディカルサービス代表取締役社長の高後圭児さんです。先代である父が産婦人科医、母は病院経営をしていた。今は兄が産婦人科医で、自分は病院経営をしている。高校卒業後、当時はまだ珍しかった病院経営を学ぶためアメリカへ留学。帰国後は、より深くホスピタリティーを学ぼうと東京の全日空ホテルでベルボーイとして3年勤務した。その時の経験を生かし、女性目線の新しいサービスを今もどんどん取り入れていると語ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472212.html

第1494回 2018年08月28日

野呂裕貴さん キックボクシングエスジム チーフトレーナー 

初代MuaiThaiOpenスーパーバンタム級王者。ジムには体を鍛えたい男性はもちろん、ストレス解消やダイエット目的の女性も。キックボクシングは全身の筋肉をつけるスポーツ。一方、どうやって楽に体重を落とせるかを考えてきたので、食事も含めたアドバイスができると語ります。今日のゲストはキックボクシングエスジム、チーフトレーナーの野呂裕貴さんです。K-1の魔裟斗に憧れ、高校時代は総合格闘技のジムへ。大学に進学を機にキックボクシングに転向し、アマチュアの試合に出たら勝利した。するとジムの会長から「プロを目指さないか」と声をかけられ、大学2年でプロテストデビュー。卒業後は就職し営業職をしていたが、試合の後は顔が腫れるし気持ちの切り替えも上手くできない。ボクシングを辞めるか会社を辞めるか悩んだが、後悔しないようボクシングを選んだと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472185.html

第1493回 2018年08月27日

阿部雅司さん 札幌オリンピックミュージアム名誉館長 

スキーノルディック複合、リレハンメルオリンピック金メダリスト。引退後は2014ソチオリンピックまで20年間、日本代表のコーチを務めた。現在はタレントアスリートの発掘・育成に力を注ぎ、小学校での出前授業も行っている。今日のゲストは札幌オリンピックミュージアム名誉館長の阿部雅司さんです。留萌出身。実は中学の時、札幌の高校から野球で声がかかり喜んでいたが、恩師の小平先生の薦めでスキーノルディック複合を選択し札幌東海大四高校へ進学。ところが親元を離れ頑張ろうと思った矢先に母と死別。寂しくて高校1年の夏休み前にちょっとグレてしまったが、そこから立ち直るまでの話はテレビ番組で取り上げられたほど。本当にたくさんの人たちに支えられて取れたメダルだったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472067.html

第1492回 2018年08月22日

川部紀子さん FP・社労士事務所 川部商店 代表 

「まだ間に合う 老後資金4000万円をつくる!お金の貯め方・増やし方」を出版。お金は束縛すると逃げるし放置するといなくなる。不安だから溜め込むのではなく、余計な節約からは解放されてと語ります。今日のゲストはFP・社労士事務所 川部商店 代表の川部紀子さんです。保険会社で8年間、人の家計や人生を見てきた。そんな中、公務員だった父が定年直前の59歳で他界。足の不自由な52歳の母と自分が残され、官舎も出ることに。すると立て続けに大切な友人が3人も他界。自分も肝臓ガンの疑いで入院。結果は大丈夫だったのに、「死」に囚われて苦しかった。そこで自分探しにインドの旅へ。ガンジス川で悟りを開いたと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472048.html

第1491回 2018年08月21日

橘家富蔵さん 落語家 

怪我をして野球部を辞めた大学1年の時、落語研究会ができることになり面白そうだと入ったのがきっかけ。思えば子供の頃から、台本書いてコントをやるほど笑いが好きだった。大学2年の頃には、これで一生飯が食えたらと考えるように。学生時代は何となく落語より小話ばかり覚えた。案の定、入門した時に師匠から言われたのは「覚えたものは全部捨てろ」。素人で覚えたものは全部アカだったと笑います。今日のゲストは落語家の橘家富蔵さんです。噺家の鬼門は54歳といわれる。この歳で亡くなった名人が多いため。だから自分も53歳の時、1年かけて全身調べたが悪いところはなく、心が解き放たれた感じ。現在62歳。力を入れすぎず自分が高座を楽しんでいる。新作が出来たらカミさんにモニターをしてもらうのが恒例。いまが一番楽しいと語ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472225.html

…続きを読む
第1495回
2018年08月29日

高後圭児さん (有)コーショウメディカルサービス 代表取締役社長

出産は女性の一大イベント。まわりに気を使わず個室でゆったり過ごしてほしい。唯一の楽しみは食事なので、料理人が作った美味しいものを。これから子育てを頑張れるように、退院前夜はフレンチをフルコースで。実はこれ、自分の母が自らのお産経験から考えたスタイルだと語ります。今日のゲストは(有)コーショウメディカルサービス代表取締役社長の高後圭児さんです。先代である父が産婦人科医、母は病院経営をしていた。今は兄が産婦人科医で、自分は病院経営をしている。高校卒業後、当時はまだ珍しかった病院経営を学ぶためアメリカへ留学。帰国後は、より深くホスピタリティーを学ぼうと東京の全日空ホテルでベルボーイとして3年勤務した。その時の経験を生かし、女性目線の新しいサービスを今もどんどん取り入れていると語ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472212.html

…続きを読む
第1494回
2018年08月28日

野呂裕貴さん キックボクシングエスジム チーフトレーナー 

初代MuaiThaiOpenスーパーバンタム級王者。ジムには体を鍛えたい男性はもちろん、ストレス解消やダイエット目的の女性も。キックボクシングは全身の筋肉をつけるスポーツ。一方、どうやって楽に体重を落とせるかを考えてきたので、食事も含めたアドバイスができると語ります。今日のゲストはキックボクシングエスジム、チーフトレーナーの野呂裕貴さんです。K-1の魔裟斗に憧れ、高校時代は総合格闘技のジムへ。大学に進学を機にキックボクシングに転向し、アマチュアの試合に出たら勝利した。するとジムの会長から「プロを目指さないか」と声をかけられ、大学2年でプロテストデビュー。卒業後は就職し営業職をしていたが、試合の後は顔が腫れるし気持ちの切り替えも上手くできない。ボクシングを辞めるか会社を辞めるか悩んだが、後悔しないようボクシングを選んだと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472185.html

…続きを読む
第1493回
2018年08月27日

阿部雅司さん 札幌オリンピックミュージアム名誉館長 

スキーノルディック複合、リレハンメルオリンピック金メダリスト。引退後は2014ソチオリンピックまで20年間、日本代表のコーチを務めた。現在はタレントアスリートの発掘・育成に力を注ぎ、小学校での出前授業も行っている。今日のゲストは札幌オリンピックミュージアム名誉館長の阿部雅司さんです。留萌出身。実は中学の時、札幌の高校から野球で声がかかり喜んでいたが、恩師の小平先生の薦めでスキーノルディック複合を選択し札幌東海大四高校へ進学。ところが親元を離れ頑張ろうと思った矢先に母と死別。寂しくて高校1年の夏休み前にちょっとグレてしまったが、そこから立ち直るまでの話はテレビ番組で取り上げられたほど。本当にたくさんの人たちに支えられて取れたメダルだったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472067.html

…続きを読む
第1492回
2018年08月22日

川部紀子さん FP・社労士事務所 川部商店 代表 

「まだ間に合う 老後資金4000万円をつくる!お金の貯め方・増やし方」を出版。お金は束縛すると逃げるし放置するといなくなる。不安だから溜め込むのではなく、余計な節約からは解放されてと語ります。今日のゲストはFP・社労士事務所 川部商店 代表の川部紀子さんです。保険会社で8年間、人の家計や人生を見てきた。そんな中、公務員だった父が定年直前の59歳で他界。足の不自由な52歳の母と自分が残され、官舎も出ることに。すると立て続けに大切な友人が3人も他界。自分も肝臓ガンの疑いで入院。結果は大丈夫だったのに、「死」に囚われて苦しかった。そこで自分探しにインドの旅へ。ガンジス川で悟りを開いたと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e472048.html

…続きを読む
第1491回
2018年08月21日
もっと見る

番組紹介・視聴方法

様々なフィールドで活躍する「札幌人」を招き、インタビューする対談番組。毎回、3つのキーワードをテーマに展開。ゲストの現在の活動、生い立ち、今後の展望などをインタビューします!

    【初回放送】

    毎週(月)~(水) 午前10:30~

    【再放送】

    毎週(木)・(金) 午前10:30~

    毎週(月)~(金) 午後6:30~/翌日午前7:30~

    ※月曜午前7:30は前週(水)の再放送

    【一挙放送】

    毎週(土日) 午前11:00~12:00

    【WEB配信】 放送終了一週間後、「札幌人図鑑」WEBサイトにて配信

    http://sapporojinzukan.sapolog.com/

J:COMチャンネルの視聴方法

カテゴリ一覧

もっと見る

インタビュアー紹介

福津京子

札幌で活躍する地域の人々を動画で1年365日毎日配信するWEBサイト「札幌人図鑑」を2012年6月に立ち上げる。企画・撮影・編集を1人でこなし、2015年3月に1000人達成。
様々な人を対象にした取材活動がライフワークで地域の商店街、経営者から自治体、著名人まで幅広い人脈を持つ。1001回目からは、「札幌人図鑑.TV」として“、ジェイコムチャンネル札幌”に舞台を移し、月~金毎日放送中。

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。