安達祐子さん フリーアナウンサー

これまで4000件以上の食リポをしてきた。現在は「ひがし北海道女子旅アドバイザー」として、またオホ―ツク・北見・津別の観光大使として「お結びラジオ」で情報発信。北海道の嬉しい楽しいを創り伝えていきたいと語ります。 今日のゲストはフリーアナウンサーの安達祐子さんです。3年間のOL生活を経てモデルに「とらばーゆ」。しゃべりもできるモデルとして現場でスキルを積むうち、北海道初の女性競馬キャスターに。オグリキャップが全盛の頃、配当金など言い間違えの許されない緊張の現場だったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465591.html

第1375回 2017年10月25日

朝倉由紀子さん SOC株式会社 代表取締役社長

新札幌テクノパークで、業務系のシステム開発をしている。創業者である父の代では拡大が社員のやりがいだった。自分の代ではみんな笑顔で100年続く企業を目指すと語ります。今日のゲストはSOC株式会社代表取締役社長の朝倉由紀子さんです。大学を出て銀行に就職。仕事が面白くなってきた頃、父から「会社を手伝って」と言われ家業へ。その後、経営を学ぶため仕事の傍ら小樽商科大の大学院に通いMBAを取得。夫とはそこで出会った。一人目の子が生まれた頃、父から「そろそろ社長に」と言われた。さすがちょっと待ってと頼んだが「どうせすぐ二人目も生まれるでしょ」と押し切られ社長に。現在は3歳と1歳の子育てをしながら、夫と二人三脚で頑張る毎日。父が言う通り、父が元気なうちに引継ぎができて良かったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465568.html

第1374回 2017年10月24日

川端絵美さん 元アルペンスキーヤー

1988年のカルガリー冬季オリンピックから1994年のリレハンメル冬季オリンピックまでオリンピックに3回出場。国内外で輝かしい成績を収めた。現在は札幌在住で1児の母。解説者としても活躍している。今日のゲストは元アルペンスキーヤーの川端絵美さんです。札幌市立伏見中学校に在籍中、全国中学スキー大回転と回転で優勝を果たし、中学卒業後フランスのシャモニー国立スキー登山学校へ留学。スキーヤーとしての実力を伸ばしたが、当時、中学卒業後すぐに海外というのは女性では前例がなく賛否両論だった。幸い支援してくれる企業もあったけど、とにかく成績を出すことが使命だったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465540.html

第1373回 2017年10月23日

HIDEO KOBAYASHIさん 音楽プロデューサー/DJ

アルバム「FUENTE」に収められた曲が米国のチャートでソウルハウス部門1位に。アーティストは自分との戦いだと思う。だめだだめだを繰り返さず、降ってくるものを全て肯定できるようにコーチング理論を学んだ。いまはこの理論ごと、アカデミーで教えていると語ります。今日のゲストは音楽プロデューサーでDJの HIDEO KOBAYASHI さんです。学生時代は器械体操をしていたが4歳からピアノも習っていた。進路を体操か音楽かで悩んだが、体操を選択し日本体育大学へ進学。ある時、新体操の音楽制作を頼まれ作曲すると大好評。次から次へと依頼が来て気づけばCMやミュージカルの音楽も手がけるように。その後、作曲の勉強のためサンフランシスコへ。CDデビューの契約が決まった時、DJも出来なくちゃいけないと言われたのがDJを始めたきっかけだと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465446.html

第1372回 2017年10月18日

五十嵐淳さん 建築家

札幌の建築事務所に就職したが、フラストレーションが溜まり地元サロマへ帰った。本ばかり読み悶々と過ごしたが、サロマからみたら札幌も東京もパリも同じ感覚。遠いという事は、逆に自分の感覚の純度を上げる大切な時間になった。その後、吉岡賞、日本建築家協会新人賞ほか、数々の賞を受賞してもサロマを離れなかったと語る。今日のゲストは建築家の五十嵐淳さんです。実家が工務店で、なんとなく建築の仕事を意識して育った。北見の高校へ進学するとお洒落な飲食店の内装に興味を持ち、卒業後はインテリアを学ぶ専門学校へ。ある日、隣の席に建築家の本をみつけ、自分の好きな3つの建築がすべて同じ人の作品であったことに気づき衝撃を受ける。建築家という仕事を志すきっかけになったと振り返ります。一昨年より札幌在住。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465434.html

第1371回 2017年10月17日

安達祐子さん フリーアナウンサー

これまで4000件以上の食リポをしてきた。現在は「ひがし北海道女子旅アドバイザー」として、またオホ―ツク・北見・津別の観光大使として「お結びラジオ」で情報発信。北海道の嬉しい楽しいを創り伝えていきたいと語ります。 今日のゲストはフリーアナウンサーの安達祐子さんです。3年間のOL生活を経てモデルに「とらばーゆ」。しゃべりもできるモデルとして現場でスキルを積むうち、北海道初の女性競馬キャスターに。オグリキャップが全盛の頃、配当金など言い間違えの許されない緊張の現場だったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465591.html

…続きを読む
第1375回
2017年10月25日

朝倉由紀子さん SOC株式会社 代表取締役社長

新札幌テクノパークで、業務系のシステム開発をしている。創業者である父の代では拡大が社員のやりがいだった。自分の代ではみんな笑顔で100年続く企業を目指すと語ります。今日のゲストはSOC株式会社代表取締役社長の朝倉由紀子さんです。大学を出て銀行に就職。仕事が面白くなってきた頃、父から「会社を手伝って」と言われ家業へ。その後、経営を学ぶため仕事の傍ら小樽商科大の大学院に通いMBAを取得。夫とはそこで出会った。一人目の子が生まれた頃、父から「そろそろ社長に」と言われた。さすがちょっと待ってと頼んだが「どうせすぐ二人目も生まれるでしょ」と押し切られ社長に。現在は3歳と1歳の子育てをしながら、夫と二人三脚で頑張る毎日。父が言う通り、父が元気なうちに引継ぎができて良かったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465568.html

…続きを読む
第1374回
2017年10月24日

川端絵美さん 元アルペンスキーヤー

1988年のカルガリー冬季オリンピックから1994年のリレハンメル冬季オリンピックまでオリンピックに3回出場。国内外で輝かしい成績を収めた。現在は札幌在住で1児の母。解説者としても活躍している。今日のゲストは元アルペンスキーヤーの川端絵美さんです。札幌市立伏見中学校に在籍中、全国中学スキー大回転と回転で優勝を果たし、中学卒業後フランスのシャモニー国立スキー登山学校へ留学。スキーヤーとしての実力を伸ばしたが、当時、中学卒業後すぐに海外というのは女性では前例がなく賛否両論だった。幸い支援してくれる企業もあったけど、とにかく成績を出すことが使命だったと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465540.html

…続きを読む
第1373回
2017年10月23日

HIDEO KOBAYASHIさん 音楽プロデューサー/DJ

アルバム「FUENTE」に収められた曲が米国のチャートでソウルハウス部門1位に。アーティストは自分との戦いだと思う。だめだだめだを繰り返さず、降ってくるものを全て肯定できるようにコーチング理論を学んだ。いまはこの理論ごと、アカデミーで教えていると語ります。今日のゲストは音楽プロデューサーでDJの HIDEO KOBAYASHI さんです。学生時代は器械体操をしていたが4歳からピアノも習っていた。進路を体操か音楽かで悩んだが、体操を選択し日本体育大学へ進学。ある時、新体操の音楽制作を頼まれ作曲すると大好評。次から次へと依頼が来て気づけばCMやミュージカルの音楽も手がけるように。その後、作曲の勉強のためサンフランシスコへ。CDデビューの契約が決まった時、DJも出来なくちゃいけないと言われたのがDJを始めたきっかけだと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465446.html

…続きを読む
第1372回
2017年10月18日

五十嵐淳さん 建築家

札幌の建築事務所に就職したが、フラストレーションが溜まり地元サロマへ帰った。本ばかり読み悶々と過ごしたが、サロマからみたら札幌も東京もパリも同じ感覚。遠いという事は、逆に自分の感覚の純度を上げる大切な時間になった。その後、吉岡賞、日本建築家協会新人賞ほか、数々の賞を受賞してもサロマを離れなかったと語る。今日のゲストは建築家の五十嵐淳さんです。実家が工務店で、なんとなく建築の仕事を意識して育った。北見の高校へ進学するとお洒落な飲食店の内装に興味を持ち、卒業後はインテリアを学ぶ専門学校へ。ある日、隣の席に建築家の本をみつけ、自分の好きな3つの建築がすべて同じ人の作品であったことに気づき衝撃を受ける。建築家という仕事を志すきっかけになったと振り返ります。一昨年より札幌在住。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e465434.html

…続きを読む
第1371回
2017年10月17日
もっと見る

番組紹介・視聴方法

様々なフィールドで活躍する「札幌人」を招き、インタビューする対談番組。毎回、3つのキーワードをテーマに展開。ゲストの現在の活動、生い立ち、今後の展望などをインタビューします!

    【初回放送】

    毎週(月)~(水) 午前10:30~

    【再放送】

    毎週(木)・(金) 午前10:30~

    毎週(月)~(金) 午後6:30~/翌日午前7:30~

    ※月曜午前7:30は前週(水)の再放送

    【一挙放送】

    毎週(土日) 午前11:00~12:00

    【WEB配信】 放送終了一週間後、「札幌人図鑑」WEBサイトにて配信

    http://sapporojinzukan.sapolog.com/

J:COMチャンネルの視聴方法

カテゴリ一覧

もっと見る

インタビュアー紹介

福津京子

札幌で活躍する地域の人々を動画で1年365日毎日配信するWEBサイト「札幌人図鑑」を2012年6月に立ち上げる。企画・撮影・編集を1人でこなし、2015年3月に1000人達成。
様々な人を対象にした取材活動がライフワークで地域の商店街、経営者から自治体、著名人まで幅広い人脈を持つ。1001回目からは、「札幌人図鑑.TV」として“、ジェイコムチャンネル札幌”に舞台を移し、月~金毎日放送中。

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。