吉田傑さん ダンボールアーティスト 

(第1226回2016年11月07日)

博物館の展示物には「お手を触れないでください」の文字が。保存のためには仕方がないけど、触ることで作品ともっとコミュニケーションができるんじゃないか。材料をダンボールにしてはどうだろう。大きい作品を作るにも安価で加工しやすい。最初のモチーフに選んだのは一休さんで出てくる「屏風の虎」。屏風から等身大の虎の半身が飛び出してくるという作品。作ろうと思うきっかけになった「触れないものにどうやって触るか」というテーマとも重なった語ります。今日のゲストは札幌市立大学デザイン学部4年生のダンボールアーティスト、吉田傑さんです。絵を描くことが好きだったが、大学では民俗学や考古学を学び、卒業後は自衛隊へ。親も自衛隊だったので就職のイメージがしやすかった。自衛隊でも趣味でイラストを描く。しかし3年目に、もっと絵が描きたい、グラフィックや本の装丁がしたいという想いが強くなり、貯金もできたので社会人入試にトライ。26歳で市立大へ入学し、周囲を驚かせたと振り返ります。
引用:「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e456243.html

カテゴリ:

インタビュアー:福津京子

新着インタビュー

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。