阿部千春さん 北海道環境生活部 縄文世界遺産推進室 

(第1562回2019年02月25日)

中が空洞で薄い作り。デザイン的にも技術的にも土偶の到達点と言われる中空土偶には、縄文時代の精神性が色濃く現れている。縄文からアイヌ文化、そして現代につながる遺跡の豊富な北海道は、それだけ自然が豊かということ。これを伝えるのは博物館の仕事だけれど、縄文文化は欧米のインバウンドを引き込むのにも有効。観光は教育の現場だと語ります。今日のゲストは北海道環境生活部 縄文世界遺産推進室の阿部千春さんです。赤平出身。小1の時、沢を登っていたらしじみの化石を発見。どうして山に貝があるのだろうと不思議に思った。その後も化石を集め続け、大学では考古学を専攻。埋蔵文化財センターに就職し、千歳の美々4遺跡を発掘したと振り返ります。
「札幌人図鑑」http://sapporojinzukan.sapolog.com/e475685.html

カテゴリ:

インタビュアー:福津京子

新着インタビュー

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。