4月より放送開始!

若林警察署 大内 浩さん

【トークキーワード】
1.全員が‘初代’
2.日常を支える
3.自覚の中から
宮城県に29年振りに新設された宮城県若林警察署で初代警察署長に任命された大内さん。
お話しは、4月1日の開署当日の様子から始まります。
また、これまでの警察官人生を振り返り、人々の日常を守る仕事の尊さを実感したエピソード、
更には、「自分たちは警察官の職業を選んだのではなく、警察官という生き方を選んだのだ」
という言葉などを通して、ご自身の信念も語ります。

第170回 2019年07月15日

鍵盤奏者/作編曲家 千葉 岳洋さん

1.相撲ピアニスト!?
2.自由な世界
3.刺激を受け
鍵盤奏者で作編曲家の千葉さん。千葉さんが音楽と出会ったのは小学生の時。クラシック音楽に魅了され、中学高校と吹奏楽部に所属し音楽への視野を広げていきます。その後進学した東京大学でジャズと出会い、プロの音楽家への道を決意した千葉さん。大学では、ジャズ研やビックバンドに所属すると同時に、相撲部にも所属し、4年生の時は主将を務めるなど異色の経歴のアーティストです。様々な経験を積んだ千葉さんならではの世界を、想いを込めて語ります。

第169回 2019年07月10日

アサヒ飲料(株)東北支社  谷川 一幸さん

【トークキーワード】
1.この人についていけば
2.3つの100年ブランド
3.さらなる挑戦
株式会社アサヒ飲料東北支社長の谷川さん。今の谷川さんの原点は、高校時代の野球部での活動でした。お話しは、谷川さんが甲子園を目指して猛練習に明け暮れた青春時代の話から始まります。その経験が、社会人となり部下80人余りを抱えて取り組む、現在の仕事への思いへと広がります。さらに、今年100周年を迎えたカルピスをはじめ、東北で生まれた偉人、宮沢賢治と縁のある飲料など、長く愛される自社製品についても語ります。

第168回 2019年07月02日

海辺の図書館 館長 庄子 隆弘さん

【トークキーワード】
1.手をのばせば
2.誰をも受け入れる場
3.かかわる、つながる
東日本大震災による津波で甚大な被害に遭った、仙台市若林区荒浜に「海辺の図書館」を建て、その館長を務める庄子さん。お話しは、自分の故郷である荒浜への思いから始まります。
庄子さんの家も津波で流出しました。避難所生活を送っていた時、被災した人たちが本を手にする姿を見て「海辺の図書館」の設立を決意したそうです。故郷荒浜の歴史や、そこで培われてきた暮らしを伝える思いを話します。

第167回 2019年06月24日

株式会社清月記 代表取締役 菅原裕典さん

【トークキーワード】
1.育てて頂く
2.決して断らない
3.いのちに寄り添う
株式会社清月記 代表取締役社長の菅原さん。お話しは、小学生の時に葬祭業を営む父親の実家の手伝いを始め、仕事に魅了されていった体験談から始まります。そして、高校生の頃には葬祭業を始めることを決意し、25歳で現在の清月記を起業した経緯が話されます。さらには東日本大震災当時、犠牲になった人を弔うために東奔西走したこと、残された家族に寄り添う思いなどを語ります。

第166回 2019年06月18日

若林警察署 大内 浩さん

【トークキーワード】
1.全員が‘初代’
2.日常を支える
3.自覚の中から
宮城県に29年振りに新設された宮城県若林警察署で初代警察署長に任命された大内さん。
お話しは、4月1日の開署当日の様子から始まります。
また、これまでの警察官人生を振り返り、人々の日常を守る仕事の尊さを実感したエピソード、
更には、「自分たちは警察官の職業を選んだのではなく、警察官という生き方を選んだのだ」
という言葉などを通して、ご自身の信念も語ります。

…続きを読む
第170回
2019年07月15日

鍵盤奏者/作編曲家 千葉 岳洋さん

1.相撲ピアニスト!?
2.自由な世界
3.刺激を受け
鍵盤奏者で作編曲家の千葉さん。千葉さんが音楽と出会ったのは小学生の時。クラシック音楽に魅了され、中学高校と吹奏楽部に所属し音楽への視野を広げていきます。その後進学した東京大学でジャズと出会い、プロの音楽家への道を決意した千葉さん。大学では、ジャズ研やビックバンドに所属すると同時に、相撲部にも所属し、4年生の時は主将を務めるなど異色の経歴のアーティストです。様々な経験を積んだ千葉さんならではの世界を、想いを込めて語ります。

…続きを読む
第169回
2019年07月10日

アサヒ飲料(株)東北支社  谷川 一幸さん

【トークキーワード】
1.この人についていけば
2.3つの100年ブランド
3.さらなる挑戦
株式会社アサヒ飲料東北支社長の谷川さん。今の谷川さんの原点は、高校時代の野球部での活動でした。お話しは、谷川さんが甲子園を目指して猛練習に明け暮れた青春時代の話から始まります。その経験が、社会人となり部下80人余りを抱えて取り組む、現在の仕事への思いへと広がります。さらに、今年100周年を迎えたカルピスをはじめ、東北で生まれた偉人、宮沢賢治と縁のある飲料など、長く愛される自社製品についても語ります。

…続きを読む
第168回
2019年07月02日

海辺の図書館 館長 庄子 隆弘さん

【トークキーワード】
1.手をのばせば
2.誰をも受け入れる場
3.かかわる、つながる
東日本大震災による津波で甚大な被害に遭った、仙台市若林区荒浜に「海辺の図書館」を建て、その館長を務める庄子さん。お話しは、自分の故郷である荒浜への思いから始まります。
庄子さんの家も津波で流出しました。避難所生活を送っていた時、被災した人たちが本を手にする姿を見て「海辺の図書館」の設立を決意したそうです。故郷荒浜の歴史や、そこで培われてきた暮らしを伝える思いを話します。

…続きを読む
第167回
2019年06月24日

株式会社清月記 代表取締役 菅原裕典さん

【トークキーワード】
1.育てて頂く
2.決して断らない
3.いのちに寄り添う
株式会社清月記 代表取締役社長の菅原さん。お話しは、小学生の時に葬祭業を営む父親の実家の手伝いを始め、仕事に魅了されていった体験談から始まります。そして、高校生の頃には葬祭業を始めることを決意し、25歳で現在の清月記を起業した経緯が話されます。さらには東日本大震災当時、犠牲になった人を弔うために東奔西走したこと、残された家族に寄り添う思いなどを語ります。

…続きを読む
第166回
2019年06月18日
もっと見る

番組紹介・視聴方法

仙台で活躍する人たちの人となりに触れるインタビュー番組。著名人、経営者、文化人、自治体、地域で活躍する方等々、幅広いゲストの方が登場します。毎回、3つのキーワードをテーマに展開。ゲストの現在の活動、生い立ち、今後の展望などをインタビューします!

    放送日

    毎週(土)(日)午前9:00〜ほか

J:COMチャンネルの視聴方法

カテゴリ一覧

もっと見る

インタビュアー紹介

渡辺祥子

1991年独立、仙台を拠点にパーソナリティ、司会の25年のキャリアを重ねる。
また、朗読家として舞台公演、全国の美術館での朗読、学校や企業地域おこしプロジェクトとのジョイント朗読コンサートなどの表現活動を続ける。東日本大震災後は被災地で懸命に生きる人々の姿を積極的に発信。

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。