4月より放送開始!

湯主一條 二十代目当主 一條一平さん

1.HATAGO(旅籠)
2.生まれながらの‘若旦那’
3.Old is Beautiful
宮城県白石市鎌先温泉で600年の歴史を持つ、湯主一條の二十代目当主、一條さん。
お話は、時流に流されることなく「旅籠(はたご)」であり続けたこと。さらにこれからも「旅籠」としての役目を守り続けることへの思いから始まります。国の登録有形文化財に指定された本館はじめとして、古いもの歴史あるものを守り続けることこそ価値があることなど、歴史ある温泉地として、これからの役目を語ります。

第179回 2019年09月19日

スケルトン選手 髙橋 弘篤さん

1.自分の力を
2.この場に立つ!!
3.宮城から
スケルトン日本代表として、ソチ、平昌のオリンピックに2大会連続で出場した、宮城県富谷市出身の髙橋さん。お話しは、大学入学と同時に始めたスケルトン競技や、ソリの操作方法などからスタート。実際にオリンピックで着用したスパイクやユニフォームを使って、スケルトンの醍醐味や魅力について話してくださいました。また、所属していた長野県のクラブチームを辞め、地元宮城県に戻って北京オリンピックを目指す意気込みや思いも語ります。

第178回 2019年09月19日

音楽家・ピアニスト 榊原 光裕さん

【トークキーワード】
1.心に灯をともす
2.地域に生きる
3.伝統はつくられる
音楽家でピアニストの榊原さん。音楽との出会いは、自宅にあった足踏みオルガンでした。大学生の頃には、仙台を象徴するヒット曲、さとう宗幸さんの「青葉城恋歌」のレコーディングにピアニストとして参加されるなど、多くの音楽家や音楽シーンとの出会いがありました。更に、アメリカの音楽大学を卒業し、その後ふるさとの仙台に戻り、音楽活動を続けてきた榊原さん。音楽を通して仙台の新しい伝統をつくろうとの思いも語ります。

第177回 2019年09月04日

シンガーソングライター 佐野 碧さん

【トークキーワード】
1.私を見て!
2.一人ひとりを~
3.‘ただある’だけで
仙台市出身のシンガーソングライター佐野さん。お話は、小さい頃、ご両親の仕事の関係で海外の異文化を体験したり、野球に夢中になり、リトルリーグで女子初の東北選抜に選ばれた思い出から始まります。その後、音楽との出合いや、音楽に対する思い、また、9月にリリースされるニューシングルについて、この歌に至るまでの経緯と、この歌で伝えたいメッセージについて語ります。

第176回 2019年08月27日

一般社団法人 泉青年会議所 理事長 植木 徹郎さん

【トークキーワード】
1.子どもは地域の宝
2.瓦万年
3.地域へ
一般社団法人泉青年会議所理事長の植木さん。お話は、今年で39回目となる仙台市泉区の夏の風物詩「泉区民ふるさとまつり」からスタートします。「地域の宝」である子どもたちのために、泉青年会議所が始めたまつりが、今では世代や地域を超えて大きなイベントになっていること、訪れる人に満足してもらうために工夫を凝らし、努力する~その行動を支える根底にある信念を語ります。更に、ご自身の生業である瓦業について、普段なかなか聴けない貴重な話しも飛び出します。

第175回 2019年08月20日

湯主一條 二十代目当主 一條一平さん

1.HATAGO(旅籠)
2.生まれながらの‘若旦那’
3.Old is Beautiful
宮城県白石市鎌先温泉で600年の歴史を持つ、湯主一條の二十代目当主、一條さん。
お話は、時流に流されることなく「旅籠(はたご)」であり続けたこと。さらにこれからも「旅籠」としての役目を守り続けることへの思いから始まります。国の登録有形文化財に指定された本館はじめとして、古いもの歴史あるものを守り続けることこそ価値があることなど、歴史ある温泉地として、これからの役目を語ります。

…続きを読む
第179回
2019年09月19日

スケルトン選手 髙橋 弘篤さん

1.自分の力を
2.この場に立つ!!
3.宮城から
スケルトン日本代表として、ソチ、平昌のオリンピックに2大会連続で出場した、宮城県富谷市出身の髙橋さん。お話しは、大学入学と同時に始めたスケルトン競技や、ソリの操作方法などからスタート。実際にオリンピックで着用したスパイクやユニフォームを使って、スケルトンの醍醐味や魅力について話してくださいました。また、所属していた長野県のクラブチームを辞め、地元宮城県に戻って北京オリンピックを目指す意気込みや思いも語ります。

…続きを読む
第178回
2019年09月19日

音楽家・ピアニスト 榊原 光裕さん

【トークキーワード】
1.心に灯をともす
2.地域に生きる
3.伝統はつくられる
音楽家でピアニストの榊原さん。音楽との出会いは、自宅にあった足踏みオルガンでした。大学生の頃には、仙台を象徴するヒット曲、さとう宗幸さんの「青葉城恋歌」のレコーディングにピアニストとして参加されるなど、多くの音楽家や音楽シーンとの出会いがありました。更に、アメリカの音楽大学を卒業し、その後ふるさとの仙台に戻り、音楽活動を続けてきた榊原さん。音楽を通して仙台の新しい伝統をつくろうとの思いも語ります。

…続きを読む
第177回
2019年09月04日

シンガーソングライター 佐野 碧さん

【トークキーワード】
1.私を見て!
2.一人ひとりを~
3.‘ただある’だけで
仙台市出身のシンガーソングライター佐野さん。お話は、小さい頃、ご両親の仕事の関係で海外の異文化を体験したり、野球に夢中になり、リトルリーグで女子初の東北選抜に選ばれた思い出から始まります。その後、音楽との出合いや、音楽に対する思い、また、9月にリリースされるニューシングルについて、この歌に至るまでの経緯と、この歌で伝えたいメッセージについて語ります。

…続きを読む
第176回
2019年08月27日

一般社団法人 泉青年会議所 理事長 植木 徹郎さん

【トークキーワード】
1.子どもは地域の宝
2.瓦万年
3.地域へ
一般社団法人泉青年会議所理事長の植木さん。お話は、今年で39回目となる仙台市泉区の夏の風物詩「泉区民ふるさとまつり」からスタートします。「地域の宝」である子どもたちのために、泉青年会議所が始めたまつりが、今では世代や地域を超えて大きなイベントになっていること、訪れる人に満足してもらうために工夫を凝らし、努力する~その行動を支える根底にある信念を語ります。更に、ご自身の生業である瓦業について、普段なかなか聴けない貴重な話しも飛び出します。

…続きを読む
第175回
2019年08月20日
もっと見る

番組紹介・視聴方法

仙台で活躍する人たちの人となりに触れるインタビュー番組。著名人、経営者、文化人、自治体、地域で活躍する方等々、幅広いゲストの方が登場します。毎回、3つのキーワードをテーマに展開。ゲストの現在の活動、生い立ち、今後の展望などをインタビューします!

    放送日

    毎週(土)(日)午前9:00〜ほか

J:COMチャンネルの視聴方法

カテゴリ一覧

もっと見る

インタビュアー紹介

渡辺祥子

1991年独立、仙台を拠点にパーソナリティ、司会の25年のキャリアを重ねる。
また、朗読家として舞台公演、全国の美術館での朗読、学校や企業地域おこしプロジェクトとのジョイント朗読コンサートなどの表現活動を続ける。東日本大震災後は被災地で懸命に生きる人々の姿を積極的に発信。

番組からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
ご当地人図鑑トップ

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。